被害の予防・対策

フリーメールで登録できる出会い系サイトは手軽さがありますが、同時に危険性もあります。フリーメールで登録できるために、悪質な利用者も多くなりやすく、またサイトそのものもフリメで登録できるサイトには悪質なサクラサイトが非常に多いです。

このサイトの中で出会える可能性が高い安全な出会い系としておすすめランキングで紹介しているようなサイトには、男性と会うことを目的としていない女性も少なからずいますが、そういった女性の一例としてこの記事では写メを投稿すること…

Jメールでセフレ募集をしている女性のほとんどはサクラではなく風俗の客引き目当ての業者です。こういった業者は特にアダルト掲示板に多い傾向があるので、Jメールで女性と出会うためにはメル友募集掲示板を優先的に使うということがポイントとなります。

出会い系で「振り込みます」ということを平然とメールで伝えてくる女性(男性)は無視するようにしましょう。悪質なサクラが手口のひとつとしてこういった騙し文句を使う場合もありますし、悪質な詐欺集団との連携で口座番号を入手しようとする業者もいるので十分注意するようにしましょう。

出会い系サイトで条件ありの女性とタダで会う方法はありません。条件ありの女性に関しては、キャッシュバッカーや風俗業者である可能性もあり、その場合はタダで会うことは絶対に不可能ですし、援交希望の女性は条件を絶対に下げることをしないためです。無料で女性と肉体関係を持つためには、条件なしの普通の女性を選ぶのが最も効率的です。

出会い系で『条件(希望)あり』という女性は援交、風俗営業の業者、キャッシュバッカーの可能性が高い。少額ポイント制の出会い系サイトでは、わざわざそういった女性と関わらなくても利用法を少し工夫したりするだけでも普通の女性と出会うことができるので、それに専念するようにしましょう。

悪質なサクラ出会い系サイトでのサクラ被害はれっきとした詐欺被害なので料金を支払う必要はありません。 料金の請求メールや督促の電話がかかってきたとしても一切無視して対応しないというのが求められる対処法です。そして、そういった事態に陥らないためにも優良で安全な出会い系を選ぶということが非常に重要です。

出会えない系の出会い系サイトに登録する人が以前に増してどんどんと減っていきつつあるため、出会える可能性は非常に低いものとなっています。それらの出会い系サイトに登録するのではなく、サクラがいない安全な出会い系に絞って出会えるかどうかを考えることが大切です。

セフレを探す目的で出会い系サイトに登録し、利用する人は非常に多くいます。そして、そのうちの多くの人ができれば無料でセフレが見つかることを望んでいます。ですが、無料出会い系サイトの仕組みを考えれば無料でセフレが見つかる出会い系サイトなどないことが分かります。

出会い系の無料サイトには、同時登録などによってサクラ被害や不正課金などの被害を生む有料サイトに登録させられるリスクがあります。そのため、無料サイトよりも少額ポイント制のサイトの方が安全性、出会える可能性ともに高いと評価することができます。

同時登録制の無料サイトや誘導登録型の無料サイトに多く見られる、「他サイトへ移動したことで生じる被害」を防ぐためには、最初に登録したサイトから決して外部の別の出会い系には移動・登録しないということが大切です。

出会い系サイトで知り合った相手と連絡先を交換する場合は、メールアドレスの収集を目的とした業者などを避けるためにもできるだけ、メールアドレスや電話番号は相手に先に教えてもらうようにしましょう。

出会い系サイトで出会った相手には必要以上に個人の重要な情報を明かさないことが大切です。男女の関係はほんの些細なことからもつれることが非常に多くあります。それが周囲の人までをも巻き込むような事件に発展したりすることがないように個人情報の取扱いには十分注意することが大切です。

少額訴訟に絡む裁判所からの呼出状が送られてきた場合はそれが本物であることを確かめた上で答弁書を作成するなどしっかりと対応しなければいけません。こうした事態に巻き込まれないためにも出会い系サイトでは誰であろうと一切住所などを教えないようにしましょう。

出会い系サイトの利用料金に関する督促状が自宅などに送られてきた場合は、放っておくと半永久的に追い込みに遭う危険性が高いので速やかに警察や弁護士に相談するようにしましょう。そのような被害を防ぐためにも、出会い系では相手がどんな人であろうと自宅の住所や電話番号を教えないようにしなければいけません。

出会い系サイトの迷惑メールが送られてきた場合は、さらなる被害に遭う可能性があるのでリンク先をクリックしたり返信してはいけません。万が一メールアドレスの変更などができずに被害に遭い続ける場合は、速やかに『迷惑メール相談センター』に相談しましょう。

出会い系サイトを利用したとして送られてくる請求メールには架空請求メールもあるので、利用した自覚があったとしても冷静にその事実の有無を確認し、支払いの義務があるかどうかを的確に評価、判断することが重要です。