実は難しくない『相手選び②-メール編-』

最終更新

掲示板の投稿からより出会える確率が高い人を選ぶ方法で大切なポイントだったのは、『より具体的な内容の書き込み』をしている人を選ぶということでしたが、この点は送られてくる様々な人からのアプローチメールから相手を選ぶ際にも適用できる部分があります。なぜなら、出会いの希望がより明確である分、話もしやすく実際に出会うまでの時間が短く、よりスムーズに出会える可能性が高いからです。

メールや投稿内容が具体的でなくても出会えることも多い

しかしながら、出会える人のすべてが具体的な内容であるわけではありません。特に、サクラがいない出会い系サイトしか使ったことがない人の場合、メールの内容に工夫を凝らさなくても割と簡単に出会えてしまうということが出会い系サイトでは少なくないためです。そうした人の場合、アプローチメールでいきなりメールアドレスや電話番号を教えてくることもありますし、非常に簡単な内容のメールである場合が多いのが実情です。

出会える女性か否かの見極め方とその例

むしろ、出会い系サイトではこのパターンの人の方が圧倒的に多いというのが事実です。反対に具体的である場合は、うまく釣れる人を探している悪質な会員である場合も多いので注意が必要です。ただし、具体性に乏しい内容でも気をつけなければいけないタイプの利用者がいるのでその点も頭に入れておきましょう。

悪質な利用者と疑われる女性のメール例

たとえば、メールの内容に次のような文言が含まれている場合はそうした出会えない、悪質な利用者である可能性があるので注意しましょう。

気をつけたい文言

「私は見た目よりも内面重視です」

「お互いのことをよく理解して仲良くなっていけたらいいです」

「よかったら写メも見てね」

このような文面のメールが送られて来たら要注意です。なぜなら、本音や願望を素直に表現しやすい場である出会い系サイトで“いい人”を演じようとしているためです。これは自分に置き換えて考えてみればわかることですが、わざわざ出会い系サイトで人柄の良さなどをアピールすることはまずほとんどないと思います。そうした行為は、『相手に合わせる』行為で自分の望みを叶えるために使う、という出会い系の当初の利用目的とは正反対の行為です。

まず、出会い系サイトを使う場合は自分の希望を叶えることを優先させるのが自然ですから、このような一般的にはどこもおかしくないと思われる文面でもこと出会い系サイトにおいては不自然なものと考えることができるわけです。また、写メの閲覧を要求しているパターンについても、出会い系サイトの運営者からメールの受信数に応じて報酬を受け取るキャッシュバッカーの可能性があるので、特に写メの閲覧にポイントが必要なサイトの場合は気をつけなければいけません。

出会える可能性が高い一般女性のメール例

では、反対に出会える確率が高い人のメールの特徴を見ていきましょう。

出会える可能性の高い人のメール例

「ワイルド系の男の人と遊びたいです。」

「食事やドライブに連れて行ってくれる大人の男性探しています」

「今度の週末ヒマしてたら会いませんか?」

このように、出会える可能性が比較的高い人の場合は、内容が具体的であるものの、シンプル、自分の願望をストレートに表現しているのが特徴です。また、出会うことに対して具体性のある内容となっている点がポイントなのでそのあたりを見て判断しましょう。